Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
シェア
トップ >よくあるご質問 >布生地(服地)の表裏の見分け方    (サイト・マップ

Q.布生地(服地)の表裏の見分け方

A.良くお問い合わせがあります。

 結論から書きますと 使われる方が お好きな方をお使いになれば いいのです。(ただし 糸が大きく浮いていて 簡単に引っかかって糸が飛び出すなど 使用に差し支える場合等は別です) パリコレ参加ブランドのデザイナーさんでも あえて裏面を使われる場合もあります。

 また平織りなどで 表裏どちらを使っても あまり関係がない場合があります。そんな場合は どちらを使われてもOKです(プロの縫製業者でもあまり気にしない人もいます。わたしでもほとんど見分けがつきません)。ですが 使う面を決めたら 1着の洋服(又は作品)内では 使う面を統一された方が無難です。 


 どうしても 区別して使いたいと思われる方は 下記が参考になります。ですが 下記は合繊(合成繊維)の場合だけで、他のコットン(綿)やウール(毛)などの場合は 全く反対の場合もあるのでご注意くださいませ。

(歴史的に 各地の生地産地での 古くからの慣習ですので、全然統一がとれてません。今だに アメリカでメートルとキログラムの代わりに ヤードとポンドが使われているのと同じです)

  1. 反物に巻いてある場合 通常内側が表
  2. 両耳に空いている2列の穴が 上に凸の方が表(仕上げセットの時に 表を上にして 機械にかけます)
  3. 虫眼鏡で拡大して 表面の毛羽みたいな細かい糸が 微妙に寝てない方が表(仕上げ時に 裏面にローラーにかかります)

 通常は表面のみしか検査してませんので、あえて裏面を使われる場合は 欠点や汚れ等にご注意くださいませ。


 生地によっては 下記の生地のように最初から 両面を使用する事を想定して作られている生地もあります。(他にも「バックサテン・アムンゼン」などの生地もそうです) 写真クリックで この生地の販売ページへ飛べます。

ストレッチサテン(MB3000)

Q&Aの目次へ


パリコレ参加ブランドご用達 プロ仕様生地の ご使用例です!

衣装写真等は全部ご使用例 クリックで各ご使用例へ 他の使用例も見る


売れ筋生地(布)

サテンクレープ生地 シルデューデシン生地 50デニール シフォンジョーゼット生地 75デニール シフォンジョーゼット生地112cm巾 二重織ジョーゼット生地
サテンクレープ
:MB8410

m売\994:147cm巾
シルデューデシン
:MB2000

m売\1,166:140cm巾
50Dシフォンジョーゼット:MS7400
m売\967:147cm巾
75Dシフォンジョーゼット:MS7104
m売\717:112cm巾
二重織ジョーゼット
:MB6100

m売\1,025:140cm巾


いやー、大変申し訳ないんですが・・・・・・・

ほとんどポリエステルのみ 綿やウールの取り扱いはございません。詳しくは次をクリック 他の素材を扱っている?
ほとんど無地物のみ 柄物(プリント物を含む)はストライプ(経柄)が一部アウトレットにある程度で ほとんどありません。詳しくは次をクリック 柄物は売ってない?
織物のみ通販(販売) ニット(編物)生地やビロード(ベルベット)は売っていません。詳しくは次をクリック 織物以外は売ってない?
ブランドオリジナルの生地は販売できません ブランドオリジナルの生地は商売道徳上 当店の方針として他へは販売しません。詳しくは次をクリック ブランドの生地は売ってない?
生地巾は最大147cm 147cm以上の巾の生地は取扱がないです。また147cmを越える巾の生地は世の中には種類が大変少ないです。詳しくは次をクリック 147cm巾以上の生地は売ってない?


トップページへ