Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
シェア
トップ >よくあるご質問 >欠点について    (サイト・マップ

Q.欠点ついて

A.本来は無欠点の生地を供給するのが当然です。でも例えば46m規格の織物(生地)を織るのに18~20万回も緯糸(ヨコイト)を1本1本通さなければなりません。また染加工で染料飛び(小さな汚点)や生地のヨレなどの欠点の入る時もあります。

(もし 弊店お買いあげの布生地で、万が一 どうしても欠点がパターンに入ってしまう場合は 弊生地屋へご相談くださいませ。そのパターン分の布生地を 無料でお送りさせていただきます。

メール: info@kijiya.com  Tel.0779-66-3765 )


化合繊長繊維織物の検査基準では一般に46mに7箇所までは 合格反として出荷する事が認められています。それでも例えば織布(しょくふ)の場合は7/180,000以下の緯糸通しの失敗しか許されないのです。経(タテ)方向の欠点は長さ50cmで1箇所と数えますので 1mなら2箇所となります。


当店の生地は欠点が少ないと 業界でも評判の機屋(「はたや」と呼びます。織布工場の事です)ですが、それでもやっぱり生地の欠点を0にすることは不可能です。また薄地の化合繊長繊維織物場合 欠点はほとんど修正が効きません(毛織物や綿織物の場合はかなり修正が効きますが、絹織物は化合繊長繊維織物と同様ほとんど修正が効きません)


ですから無欠点の生地を要求されるお気持ちは 大変良くわかります(私が消費者でもそう思います)が、無欠点の生地だけ出荷していますと 当社の場合たぶん3~4割ぐらいしか出荷出来なくなります。出荷出来ない生地は当然産業廃棄物として処分されますので、地球環境上もエネルギー効率上も大変よくありません。


また7箇所がたまたま10~20mにかたまっている場合もあります。カット売の時は欠点1箇所につき0.5mずつ余分につけますのでご理解を御願い出来ませんでしょうか? くどいようですが、上記のようにいろいろな事情がございますので、欠点についてはご理解を是非宜しく御願いいたします。


Q&Aの目次へ



パリコレ参加ブランドご用達 プロ仕様生地の ご使用例です!

衣装写真等は全部ご使用例 クリックで各ご使用例へ 他の使用例も見る


売れ筋生地(布)

サテンクレープ生地 シルデューデシン生地 50デニール シフォンジョーゼット生地 75デニール シフォンジョーゼット生地112cm巾 二重織ジョーゼット生地
サテンクレープ
:MB8410

m売\994:147cm巾
シルデューデシン
:MB2000

m売\1,166:140cm巾
50Dシフォンジョーゼット:MS7400
m売\967:147cm巾
75Dシフォンジョーゼット:MS7104
m売\717:112cm巾
二重織ジョーゼット
:MB6100

m売\1,025:140cm巾


いやー、大変申し訳ないんですが・・・・・・・

ほとんどポリエステルのみ 綿やウールの取り扱いはございません。詳しくは次をクリック 他の素材を扱っている?
ほとんど無地物のみ 柄物(プリント物を含む)はストライプ(経柄)が一部アウトレットにある程度で ほとんどありません。詳しくは次をクリック 柄物は売ってない?
織物のみ通販(販売) ニット(編物)生地やビロード(ベルベット)は売っていません。詳しくは次をクリック 織物以外は売ってない?
ブランドオリジナルの生地は販売できません ブランドオリジナルの生地は商売道徳上 当店の方針として他へは販売しません。詳しくは次をクリック ブランドの生地は売ってない?
生地巾は最大147cm 147cm以上の巾の生地は取扱がないです。また147cmを越える巾の生地は世の中には種類が大変少ないです。詳しくは次をクリック 147cm巾以上の生地は売ってない?


トップページへ