Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
シェア
トップ >よくあるご質問 >地直しとは?    (サイト・マップ

Q.地直しとは? 地伸しとは? 水通しとは

A.地直し地伸し水通しも同じ意味で、洋服が出来上がってから 洗濯などで型崩れするのを防ぐために あらかじめ布地のゆがみを 正しく直す事です。合繊以外は織布や染め加工工程で 多かれ少なかれほぼ100%ゆがみは入ってます。

ポリエステルナイロンアクリルなどの合繊(合成繊維)では 吸湿性(吸湿する繊維は 吸湿によって変形するので 地直しが必要)がなく 寸法安定性がいいのでほとんど不要です。プロのアパレルさんも ほとんどしません。

(一部 ビンテージ繊意などの 天日干し風加工等(染色加工でわざと 生地のひずみ等を強く矯正しない加工方法等)をしてあると 必要な場合もあります。その場合は最後に書いてある方法で ひずみの程度を調べて対処してください)


キュプラ(ベンベルグ)レーヨンなどの再生繊維や アセテートなどの半合成繊維は、天然の吸湿性のある綿花のクズ パルプなどから作られる為に、コットンと同様(同じセルロース系の繊維です)の地直しは必要です。


・通常 下記の方法で地直しします。
  ウール(毛):アイロンの蒸気をあてます。
  シルク(絹):光沢・風合いを大切にするために 裏から空(から)アイロンをする程度。織物の場合
          経緯の糸目を直角に揃えてください。
  コットン(綿):最近の生地は 防縮・防シワ加工されているものが多く 地直しの必要のないものが多いそうです。空アイロンか 裏から軽く霧吹きをかけて アイロンする程度でいいそうです。


・輸入の生地で きちんと作られているかどうか不明(開発途上国やイタリア製の場合は 要注意です)の場合は ひずみの程度を調べて 洗濯機で回す方法もあるようです。 これが本来の水通しでしょうね。

Q&Aの目次へ



パリコレ参加ブランドご用達 プロ仕様生地の ご使用例です!

衣装写真等は全部ご使用例 クリックで各ご使用例へ 他の使用例も見る


売れ筋生地(布)

サテンクレープ生地 シルデューデシン生地 50デニール シフォンジョーゼット生地 75デニール シフォンジョーゼット生地112cm巾 二重織ジョーゼット生地
サテンクレープ
:MB8410

m売\994:147cm巾
シルデューデシン
:MB2000

m売\1,166:140cm巾
50Dシフォンジョーゼット:MS7400
m売\967:147cm巾
75Dシフォンジョーゼット:MS7104
m売\717:112cm巾
二重織ジョーゼット
:MB6100

m売\1,025:140cm巾


いやー、大変申し訳ないんですが・・・・・・・

ほとんどポリエステルのみ 綿やウールの取り扱いはございません。詳しくは次をクリック 他の素材を扱っている?
ほとんど無地物のみ 柄物(プリント物を含む)はストライプ(経柄)が一部アウトレットにある程度で ほとんどありません。詳しくは次をクリック 柄物は売ってない?
織物のみ通販(販売) ニット(編物)生地やビロード(ベルベット)は売っていません。詳しくは次をクリック 織物以外は売ってない?
ブランドオリジナルの生地は販売できません ブランドオリジナルの生地は商売道徳上 当店の方針として他へは販売しません。詳しくは次をクリック ブランドの生地は売ってない?
生地巾は最大147cm 147cm以上の巾の生地は取扱がないです。また147cmを越える巾の生地は世の中には種類が大変少ないです。詳しくは次をクリック 147cm巾以上の生地は売ってない?


トップページへ